ド素人でもできた!オシャレ部屋に憧れて、初めてドライフラワーを作ってみました

ドライフラワー完成

退職時に花束をもらったのですが(色まで指定した)

もらった花束

もっさり

何日か楽しんだあと、そのまま捨てちゃうのもなんだし、ドライフラワーとか作ってみっかと思い至りました。

 

なのでやってみたら、本当に簡単にできてしまいました。やってみるもんだの記録をちょこっと。

 

①花束をざっくり何束かに分ける

まあまあ楽しんだなあと思ったら、花束を適当に小分けにしていきます。

どうやら枯れちゃう前に取り掛かるのがいいようで。そらそうか。

 

小束にしたらそいつらを紐かなんかでしばっていきます。

自分はビニールテープ使ったんですけど、輪ゴムでもリボンでも糸でも結べりゃなんでもよさそう。

 

②ハンガーにくくりつけて吊るす

長めに残したテープの先を、クリーニング屋のハンガーに括り付けて吊るしたんですけど、こんな感じ。

ハンガーに吊るす

到底オシャレ部屋を目指しているとは思えない光景。まあ自分しか見てないし別にいいんですけど。

こっそりテープの紐の長さを互い違いにして、ぴっちりくっつかないようにしてるのが自分的ポイントです!

 

わっさりもっさりの花をそのまま吊るしても乾き悪そうですしね。多分。

 

③一週間以上ほっておく

あとは吊るしたままほっておいて、仕事から帰ってきたらふにふに触り、なんとなく乾いたっぽいぞと思ったら完成(にしました)

できたー!

ドライフラワー完成

小束にしていた中からさらに選抜して、麻ひもでしばったり花瓶に突っ込んだりしたらいい感じに見えてきました。

標本みたいに瓶詰するの結構いいなと気に入ってます。

ちなみにこの瓶は京都で梅酒作った時にもらってきたやつ。使い道あってよかった。

 

気になったこととか

色んな種類の花をいただいたので、とりあえずほぼ全部吊るしてやってみたのですが、全部がきれいにはできないですね。

くしゃ~っとしぼんでしまったり、臭いがキッッッツイものができてしまったり。

(原因が分からない間は「クッサ!!クッサ!!!」と言いながら部屋を往復しまくった)

 

花によってドライ向き・不向きがありそうです。こればっかしはもっと調べたり経験しないと分からんですな。

 

最近花や植物を愛でがちなので、生花を楽しんだその後の楽しみも自分でできそうでよかったです。


どうせやるならちゃんとした体験がしてみたい!という方には、まずは「アソビュー」で探してみるのがおススメです。

「アソビュー」北海道から沖縄まで、日本全国のレジャーを約300種類・15,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイト。

 

「レジャーがお得って、どうせアクティブ仲間とワイワイ系だけでしょ…」とひねくれて考えがちな私にも優しく、手作り体験やVRゲーム施設なども網羅されてるありがたさ!

調べると「花・ガーデニング体験」でもしっかりありました。ハーバリウムも良いなあ。

 

「〇〇行こう~」みたいな話が出た時は、まずここを見てお得なチケットがないかチェックした方が良いです!!おすすめ!

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」