電子書籍ストアどこ使ってる?私の使い分け2サイトはこれ!《本・漫画編》

電子書籍を読む

電子書籍、慣れると便利だな~ラクだな~ってことでついつい買いすぎちゃって危険ですね。

 

私の読書は小説と漫画がメインなんですが、最近は実用書も読み出しました。めっちゃ面白いな実用書。

セールで「いいのかこの値段で…?!」となっていることも多いので、リアルでは絶対手を出していないだろうジャンルを購入することも多々あり。

これは電書ならではだなと感じてます。

 

でも一概に電子書籍ストアといっても、群雄割拠過ぎてどこのストア使ったらいいか迷うんですよね。

 

いかに安いか?!いかにポイントを稼げるか?!!品ぞろえは!??!みたいな観点で選んでもいいんですけど、初めに言うとここでは全くそういったことは言ってません

個人的に感じた、ストアのカラー(=特色)みたいので選んでます。特に比較もしてませんよ!

 

ここでは私が電書の7割くらいを購入し、メインとして使っているストアについて語ってます。

honto

主に文字もの(実用書)と、たまに漫画を購入。

サイト全体の見え方がすっきりとしていて見やすく、余白があって好きです。

セールが分かりにくいのだけが難点かなあ。未だにどんなセールやってんのかとか迷っちゃうところはあるんですけど。

 

ちなみに先日書いたこの漫画もhontoでセット買いしました。

本は表紙をいっぱい並べて売るもんだとは思うんですが、ぎゅうぎゅうに詰めすぎると見ていて苦しくなるんですよね、見にくいし!なのでそういったストアは苦手で避けてます。

 

honto自体も売りにしている

『丸善・ジュンク堂・文教堂といった大型書店と連携』

というのも、紙の本も買う身としてはありがたい!

今日も付録雑誌買うのに文教堂でポイント貯めてきました。わーい

 

クーポンで○%オフみたいのもしょっちゅう来るし、紙本の通販もできるし…と良い点はいっぱいあるのですが、私が一番推したいのはそこではなく。

 

honto内の『ブックツリー』が充実している点です。

 

ブックツリーとはこんなもの。

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

(ブックツリーページより引用)

つまり、テーマに合わせて作品を紹介してくれるってことなんです。

これがもーすごくいいなあと。参考になるしありがたいし、自分もやってみたいと思わされる!

 

本を選ぶ時、基準てあると思います。

この作家さんが好きだから、映画化された作品だから、○○さんが薦めてたから…などなど。

 

でもそういった『お馴染み』のもの以外にも、“新しい作品(作家)に出会いたい!”って時もありませんか?私はめちゃくちゃあります。

 

まだ話題になっていない面白い作品を見つけたい…

新たにハマれる作家さんに出会いたい…

世間で話題になる前に目つけときたい…なんて気持ち。

 

このブックツリーはその新しい出会いを作ってくれる場所として、かなりいいコーナーだなあと思ってます。なんなら買う気がないのにこのページだけ見ちゃったりしてます。

 

そのテーマタイトルとかも上手いんですよ。そりゃクリックしちゃうがな!という。

一文の衝撃!最後に物語が180度ひっくり返る驚愕のミステリー小説!

とか

生きていくことに息苦しさを感じる女子、必読!女性のコンプレックス小説

とか。

うまいな~って思います。作るの大変そうだけどもっと増えてほしいなあ。

延々とこのツリーのページを巡っては気になる作品に目星付ける遊びをしているのですが、楽しいです。

 

書店と連携しているからか、どちらかというと『本との出会い』を作りやすいお店な印象。

ジャンルで棚分けはされてますが、店内うろうろしている時のあの感覚に通ずるものがあるような…だから好感持ってるのかも。

 

ちなみに著名人のツリーもあるようなんですが、その辺はあまり気にしない人間なので、有名人うんぬんよりツリー数がより増えてくことを期待してます。

 

お得感とか全く見ずにストアの印象で選んでしまってますが、シンプルな見た目・新しい作品との出会いを探している人にとっては、hontoはおススメできるかなと思いますよ!

あとは余談になりますが、今回この記事を書きながら、自分の読書スタイルについてもアレコレ考えてしまいました。

 

自分の「読書体験」の変化を感じる

ここ数年は読書の時間がものすごく減った生活をしています。言ってしまったら本自体あまり買わなくなってしまった。

 

自らの「生活」が第一優先となったことで、学校帰りや、暇を見つけては本屋に行っていた頃とはお金と時間をかける先が大きく変わり…

自分の中の優先度が変化したのをひしひし感じてます。

 

それに加えて、増え続ける世の中の娯楽にちょこちょこ手を出しては、時間が足りず処理しきれなくなってる状況もあるんでないかなと…

 

興味の向く選択肢が多いのは悪い事ではないけど、どれを手にとってどれを離すか、取捨選択を迫られる機会を自ら増やしてる気もしますね。

なんか書いてて思ったけど贅沢だな!でもこの世の中面白そうなものいっぱいあるんだもんな~仕方ないよ。高速自己解決

 

漫画の表紙を見て、好きな絵柄でジャケ買いしてた頃とは違い、買う前に

「他の人の評価はどうなんだ?」「これに◯円と◯時間使って失敗したらやだなぁ」

と気にするようになったのが、こういった「○○な人におすすめ」「◯◯特集」というのを求める理由なのかなという気がします。

 

冒険心のない人間になってしまったな~と我ながらその変化をちょっと寂しく思ってしまった。

 

まぁこんなことを考えつつも、少ない時間の中で選別を手伝ってくれるというのは非常にありがたい事なんですけどね。時代に即しているなぁとも思うし。

でもきっとこういう人多いんじゃないかな、現代人。

久々にのめり込んで読書やらゲームやらしたい。欲望だけはいっちょまえにあります。

 

今回は《本・漫画編》としたんですが、もう一か所使っているお店では一つのジャンルしか買ってません。そちらは続きにします。

 

(2018.4.26追記)続きました↓

電子書籍を読む

電子書籍ストアどこ使ってる?私の使い分け2サイトはこれ!《BL漫画編》

2018年4月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA